浴衣 どっち上?実は男女とも同じだった!

当ページのリンクには広告が含まれています。
浴衣どっち上アイキャッチ

浴衣を着る時、どちらが上か迷ったことはありませんか?

特に女性の場合、正しい着方が分からずに困ってしまうことも。
そんなあなたのために、浴衣の基本から応用まで、わかりやすく解説します。

この記事を読めば、浴衣の「どっち上」の疑問もすっきり解消!
あなたも浴衣をもっと楽しむことができるようになります。

目次

浴衣の基本:どっちが上?正しい襟の合わせ方

浴衣を着た女性写真

浴衣を着る際、最も基本的で重要なのが襟の合わせ方です。

間違えるとマナー違反になることもあるので、正しい知識を身につけましょう。

  • 1-1. 浴衣の襟合わせ:「右前」が基本
  • 1-2. 覚えやすい!どっちが上かの簡単なチェック方法

1-1. 浴衣の襟合わせ:男性女性ともに「右前」が基本

浴衣や着物を着る際、男女ともに「右前」が基本です。
これは、右側の襟を左側の下にすることを意味します。

この「右前」という言葉は、着物の世界では非常に重要で、間違えると大きなマナー違反となります。

なぜ「右前」が基本なのか、その理由は歴史的背景にあります。
古くから日本では、亡くなった人に着せる死装束を「左前」で着せる習慣がありました。
そのため、生きている人が「左前」で着物や浴衣を着ることは、非常に縁起が悪いとされています。

また、浴衣は「右前」を前提にデザインされています。
右前で着ることで、浴衣の柄が適切に見えるようになっているのです。
逆に着ると、柄が隠れてしまったり、不自然に見えたりすることがあります。
特に、無地にモチーフが描かれた着物では、この違いが顕著に現れます。

1-2. 覚えやすい!どっちが上かの簡単なチェック方法

「右前」を忘れないための簡単な覚え方があります。
一つは、胸元に右手が入るかどうかを確認する方法です。

もう一つは、正面から見て胸元がアルファベットの「y」に見えるかどうかをチェックする方法です。

これらのチェックを行うことで、簡単に「右前」かどうかを確認できます。

たとえば、お茶席で着物の合わせ(ふところ)に懐紙を差し込む際、右側が上になっていると入れることができません。

このように、日常のさまざまなシーンで「右前」が重要になってくるのです。

また、左利きの人もいますが、日本人の多くは右利きであるため、「右手が入るように」という覚え方は非常に実用的です。

このように、浴衣の襟合わせは「右前」が基本であり、これを間違えるとマナーや常識を知らないと思われる可能性があります。

正しい着付けで、浴衣を楽しむためにも、これらのポイントをしっかりと覚えておきましょう。

浴衣のマナーとタブー

浴衣を着た男性

浴衣を着る際には、ただ正しく着るだけでなく、マナーやタブーにも注意が必要です。
これらを理解し、守ることで、浴衣をより美しく、適切に着こなすことができます。

  • 1-3. 浴衣の左前はなぜNG
  • 1-4. 男女の違いはある?浴衣の着方

1-3. 浴衣の左前はなぜNG

浴衣を着る際に「左前」で着ることは厳禁です。
これは、日本の伝統的な習慣に由来しています。

歴史的に、亡くなった人に着せる死装束は「左前」で着せられることが多く、これは「生前のこの世と死後のあの世は真逆の世界だから」という考えに基づいています。
そのため、生きている人が「左前」で着物や浴衣を着ることは、非常に縁起が悪いとされているのです。

さらに、浴衣は「右前」を前提にデザインされています。
右前で着ることで、浴衣の柄が適切に見えるようになっており、逆に着ると柄が隠れてしまったり、不自然に見えたりすることがあります。
特に、無地にモチーフが描かれた着物では、この違いが顕著に現れます。

1-4. 男女の違いはある?浴衣の着方

浴衣の着方において、男女間での違いはありません。
男性用・女性用どちらの浴衣も「右前」になるように仕立てられています。

これは、洋服とは異なり、和服においては男女で左右の違いがないためです。
洋服の場合、男女でボタンの位置が逆になっていることが多いですが、これは女性が他人に着せてもらうことが多かった歴史的背景に由来します。

浴衣を着る際には、これらのマナーとタブーを理解し、適切に着こなすことが大切です。
正しい知識を持つことで、浴衣をより美しく、そして礼儀正しく着ることができます。

浴衣を着る時の注意点

浴衣を着た女性2

浴衣を着る際には、見た目の美しさだけでなく、いくつかの注意点を守ることが重要です。これらのポイントを押さえることで、浴衣をより快適に、そして正しく着こなすことができます。

  • 1-5. スマホの自撮り写真での注意
  • 1-6. 襦袢の着方も重要!

1-5. スマホの自撮り写真での注意

現代では、スマートフォンを使って自撮り写真を撮ることが一般的ですが、浴衣を着た際の自撮り写真には注意が必要です。
多くのスマートフォンのカメラは、自撮りモードで撮影すると画像が反転されるため、実際には「右前」で着ていても、写真では「左前」に見えてしまうことがあります。

このため、SNSに投稿された写真を参考に浴衣を着る際は、左右が反対になっている可能性があることを理解しておく必要があります。
また、他人の写真を見て左右逆だと指摘する前に、この反転の可能性を考慮することが大切です。

1-6. 襦袢の着方も重要!

浴衣を着る際には、襦袢(じゅばん)の着方にも注意が必要です。
襦袢は浴衣の下に着る下着のようなもので、襟元から見せるために着用します。
襦袢も浴衣と同様に「右前」になるように着る必要があります。

襦袢を間違って「左前」で着てしまうと、浴衣の襟元から見えた際に不自然になります。
また、襦袢と浴衣の襟の合わせ方が異なると、全体の印象が乱れてしまうことがあります。

浴衣を着る際は、襦袢の着方にも注意を払い、全体のバランスを整えましょう。

浴衣を着る際のこれらの注意点を守ることで、浴衣をより美しく、正しく着こなすことができます。
正しい知識と注意をもって、浴衣を楽しんでください。

まとめ:浴衣を楽しむためのポイント

浴衣を着たカップル

浴衣を着る際には、基本的な着方からマナー、帯の結び方、注意点まで、幅広い知識が必要です。ここで紹介したポイントを押さえることで、浴衣をより美しく、快適に着こなすことができます。

襟の合わせ方をマスターしよう
浴衣の襟は男女ともに「右前」が基本。間違えるとマナー違反になることもあるので注意が必要です。

マナーとタブーを理解する
「左前」での着用は避け、歴史的背景を理解することが大切です。

注意点を守る
 スマホでの自撮り写真の反転や襦袢の正しい着方に注意しましょう。

浴衣は、日本の伝統的な美を体現する素晴らしい文化です。
これらのポイントを守りながら、浴衣を着て夏のイベントを楽しんでください。
正しい知識とマナーを身につけることで、浴衣をより深く理解し、その魅力を十分に発揮することができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

flamme(フラムポイント)は恋愛や占いから歴史など気になることをまとめたポータルサイトです

コメント

コメントする

目次